予防歯科|大田区池上の歯医者・歯科|いけむら歯科クリニック

いけむら歯科クリニック

〒146-0082 東京都大田区池上7丁目6-8

03-3751-3122

メインメニューを開く

予防歯科

予防歯科

歯科医療に携わる時間が長くなればなるほど、私たち歯科医師は予防の大切さを強く感じるようになります。

お口の中、人体の中でも硬い歯に何か問題が生じた時、一般的には人工物で置きかえます。しかしそれが、長期にわたって機能し続けることは、実はとても難しいことなのです。そもそも歯というものは、お互いに支えあい、かみ合う歯とは押し合いながらその位置を保っています。一か所で何か物をかんでも、歯の並び全体で力を受けているのです。さらに歯は移動したり、表面が少しずつ擦り減ったりして歯の並びを維持するという補正する機能も備わっているのです。また、歯は硬いといってもわずかにたわんで瞬間的にかかる大きな力に対応するなどしています。そこに人工物を入れるのですからその変化に追従するというのはとても難しいことです。私たち歯科医師にできることは、削った面を滑らかにする、型どりをしっかりと行う、かみ合わせなどの調整をするといったことくらいです。しかし、ある程度歯科医師として診療を続けていると、きちんと治療したものでも一定の割合で壊れてくるのを目にするようになります。すると技術者としての無力さを感じ、なるべく歯の質を残そう、なるべく神経を残そうという気持ちになるのです。

また、歯周病についても同じなのです。歯周病は歯を支える骨が少しずつ溶けていき、やがてはぐらぐらになって抜けてしまう病気です。多くは自覚症状なしに進んでしまい、気が付いた時には進行を止めることが難しく、せいぜい進行を遅らせるくらいしかできなくなってしまいます。狭い範囲で部分的に溶けてしまった骨を再生することはできるようになってきていますが、全体としては元に戻すようなことはできません。歯周病の進行した状態を見るたびに、もっと早く診せてくれればくい止められたのにという思いにかられます。
つまり虫歯も歯周病も早期に発見することが大事ですが、それよりも定期的な検診によりその予兆を見逃さず、セルフケアの継続のお手伝いをしていくということが、長くトラブルを起こさずに良好な状態を保つのに何よりも必要なことなのです。

常々そのような思いでいながら、日々の診療では目先の治療に追われており、限られた空間の中では十分に予防に力を入れることができずにいました。ところが長年お付き合いがある隣りの和食店のご主人から、店舗部分を借りてくれないかというお話がありました。そして保健所の届出等色々な問題をクリアしてついに増築が叶いました。新たに借りた部分を予防室として位置づけ、メインテナンスにいらっしゃる患者さま用の空間としました。歯科医師によるチェックは行いますが、削る道具を置いていません。歯科衛生士が歯周病等の検査を行い、汚れ具合のチェック、一人ひとりに合わせた磨き方の説明、歯石の除去等を行っています。また、専用空間であるために治療に比べれば比較的時間通りに進行していくため、今のところご予約のお時間からずれることもありません。メインテナンスにいらっしゃる患者さまの心理的なハードルを下げ、1人でも多くの方が定期的に通われるようになり、ひいてはその方々のお口が良好である状態が保たれて、全身の健康にも寄与し、幸せになっていただく、ということにつながっていけばと願っています。