03-3751-3122

月・水・木 10:00-13:00 15:00-19:30
火・金 10:00-13:00 15:00-21:00
土 10:00-13:00 15:00-17:30

大田区池上の評判の歯科・歯医者|いけむら歯科クリニック【無痛治療】【東急池上駅徒歩2分】

TOP院長紹介当院のご案内アクセス料金表
無痛治療
池上駅からの道順

いけむら歯科クリニック


【診療内容】
一般歯科、予防歯科、口腔外科、小児治療、ホワイトニング、インプラント、訪問診療

【所在地】
〒146-0082
東京都大田区池上7丁目6-8
>>地図を見る

【アクセス】
東急池上駅徒歩2分

上記のQRコードよりモバイルサイトがご覧いただけます。

インプラント

入れ歯とインプラント

インプラントインプラントの良さはいろいろなところに書かれています。
特に一本の歯を失った後に隣の歯を二本新しく削ってブリッジにするのと、歯を削らずにインプラント1本を入れてなおすのでは、後者のほうが優れていることに議論の余地はありません。
確かにそれは正しいのですが、歯を失えばインプラントでいいのでしょうか。

インプラントは失われた部分に歯を入れて機能を回復する方法のひとつです。
とりはずしの入れ歯もまた選択肢のひとつです。
インプラントと入れ歯が比較されてインプラントがいいという話になるのですが、
多くの場合だめな入れ歯との比較をしているのです。

きちんと作られてきちんと調整された入れ歯は、長い間快適に使えます。残っている歯も長く持ちます。しかしだめな入れ歯は痛かったり、かみにくかったり、残っている歯が次々と抜けていったりしてしまいます。

実は入れ歯を作るための知識や技術は、インプラントの上の歯の位置、形、かみ合わせを決めて調整することと共通する部分が多いのです。
ですから入れ歯が上手に作れる医師でないと、かみやすいインプラント上の歯も作れないのです。

最近ではインプラントと入れ歯を組み合わせた治療法もあるくらいです。失った歯の位置、本数、骨の状態、さらに残った歯の状態、予算を考えあわせて最終的な治療法を決めるべきで、始めからインプラントだけを考えるのはいかがなものでしょうか。

どうかインプラントだけをやっている医師の話を聞くだけでなく、インプラントに加えて入れ歯もしっかり作っている医師の話も聞いてから治療法を決めてください。

pagetop