03-3751-3122

月・水・木 10:00-13:00 15:00-19:30
火・金 10:00-13:00 15:00-21:00
土 10:00-13:00 15:00-17:30

大田区池上の評判の歯科・歯医者|いけむら歯科クリニック【無痛治療】【東急池上駅徒歩2分】

TOP院長紹介当院のご案内アクセス料金表
無痛治療
池上駅からの道順

いけむら歯科クリニック


【診療内容】
一般歯科、予防歯科、口腔外科、小児治療、ホワイトニング、インプラント、訪問診療

【所在地】
〒146-0082
東京都大田区池上7丁目6-8
>>地図を見る

【アクセス】
東急池上駅徒歩2分

上記のQRコードよりモバイルサイトがご覧いただけます。

無痛治療

痛みを感じにくくするための5つの工夫

歯の治療を受けようと思いながら躊躇する原因の一つは、麻酔の注射が痛いことではありませんか。当院では痛みを感じにくくするために5つの工夫をしています。

痛みを感じにくくするための5つの工夫
  • 治療が必要な歯がいくつかある時は、麻酔をするのに比較的痛みを感じにくい所から始めます。お口の中の場所によって麻酔の注射の痛みの感じ方、効き方に違いがあります。この知識と経験を利用するわけです。
    久しぶりの麻酔というだけで緊張しますよね。でも実際やってみたら大したことないとわかってもらえれば、次回からの緊張感、痛みの感じ方も違うのではないでしょうか。
    もちろん痛い歯があって治療を始める時は、覚悟を決めてそこからやります。
  • 針を入れて行く場所の表面に塗る麻酔をします。
    これによって始めのチクッとする感覚を弱めます。
  • 歯科用注射針として手に入るものの中で最も細い33G(0.26mm)というサイズの針を使用します。針が曲がりやすいために何本も取りかえないといけないこともありますが、痛みを減らすためのコストと考えています。これによって患者様の治療費が増えるわけではありません。
  • 麻酔薬を体温と同じくらいに温めて使います。
    室温の冷たい液が入ってくるだけで痛みとして感じてしまいます。それを防ぐためで、ゆっくり入れれば、はいって行っているのが分からないくらいです。
  • 電動注射器を使ってゆっくり、少しずつ注入する。
    手動だとどうしても早く動かしてしまうものなのです。そしてその早く注入される圧力も痛みとして感じてしまいます。
    ただし、時間がかかってしまうことはご了承頂きたいと思います。

以上の組み合わせで、痛みをほとんど感じることなく麻酔が出来るのです。

pagetop